ウクレレの弾き方にはコツがある!初心者必見マル秘ノウハウ-ウクレレの弾き方|初心者でも簡単【ラダー譜】がお勧めです♪

ウクレレの弾き方にはコツがある!初心者必見マル秘ノウハウ

本格ハワイアンからポップス弾き語りまで、幅広く楽しめる楽器として人気の高いウクレレ。

値段も手頃で、音量もそんなに大きくなく、小振りなボディで気軽に始めやすいことから、若い女性はもちろん、最近では高年齢の方にも普及していまや街には必ずひとつレッスン教室がある程です。

ギターと比べて弦のテンション(張り)が強くなく、左手の押さえる力が弱くて済むことから、初心者にも入りやすい楽器ではあるものの、ピアノなどの「指を置けば鳴る」という機構と異なっています。


左手の指で弦を押さえ、右手の指ではじくという動作を行わなければ音が鳴らない構造となっているため、難易度が高いのも事実です。

しかし、そこで挫折してはもったいないことです。

せっかくウクレレはギターより押さえやすい楽器なのですから、しっかりと弾き方をマスターしてガンガン楽しみましょう。


まず弾き方の前に構える姿勢です。

立って弾く場合と座って弾く場合の二通りありますが、今回は難易度の低い座奏で行きましょう。

普通に家庭用の椅子を用意します。

できれば肘掛けがない方が腕の動きがスムーズになります。

深く腰掛け、上体と足が90度になるようにし、そしてウクレレを構えます。


この時、左手で押さえる指板を覗き込んではいけません。

床に対して、指板が垂直になるようにしましょう。

そして、上から見下ろしたら、自分のお腹のラインから見て30?45度の角度にウクレレのネックが置かれている様にしましょう。

ヘッドは平行よりも少し上げ目です。


次に左手の弾き方です。

押さえる時に指はフレットの間近、それもブリッジ側ギリギリを押さえるようにしましょう。

ヘッド側に寄せると音程があやふやになったり、下手をすれば音がプツッと言って鳴らないときもあります。

手の甲は前に突き出されているでしょうか。

ネックの下に来るのではなく、正面のお客さんに見せつけるように手の甲を前に突き出します。


ウクレレのコードフォームは最初は暗記で構いません。

3~4個しかチェンジしない曲を選んで、ウクレレの弾き方を徹底的に左手の動きを覚えましょう。

初心者の場合、最初は丸暗記するぐらいが丁度いいです。


そして、右手のコツです。

右手は複数の弦を一度に弾く和音弾きと一本弦のみを弾く単音弾きに分かれます。

両方とも、基本はダウン・アップの二種類の方法でピッキング・ストロークします。

和音・つまりコードストロークの時は右手人差し指を使います。

ダウン時は爪側を、アップ時は指先の腹を使って弾きます。

弾くときの注意するべき点は、指で弾くというよりは手首の回転を使うこと。

単音の場合のウクレレの弾き方は、親指と人差し指を交互で使いますが、なれるまではまだ親指だけでも良いでしょう。