初心者必見!ウクレレの右手の弾き方(ストローク)のコツとは?-ウクレレの弾き方|初心者でも簡単【ラダー譜】がお勧めです♪

初心者必見!ウクレレの右手の弾き方(ストローク)のコツとは?

私も「ラダー譜」のお陰でかなりの上達をし、メキメキとウデを上げてる最中です。

ウクレレ初心者にとって悩みの種となりがちなストローク。

既にギターを弾いたことがあるという方は問題ないでしょうが、全くの弦楽器未経験の方は戸惑いやすいことと思います。

そこで、ここではウクレレの弾き方・右手編をお届けします。


■右手の弾き方(ストローク)にはアップとダウンの二種類

単音といってひとつの音・弦をはじくのではなく、和音つまり複数の弦をまとめてポロンと鳴らすには、ストロークという技術が不可欠です。

ストロークには、右手を4弦から1弦(ウクレレを構えた時に、顔からひざに向かって)振り下ろす「ダウンストローク」と、反対に1弦から4弦に向かって振り上げる「アップストローク」の二種類があります。

ギターの場合はプラスチック製のピックを用いますが、ウクレレは右手の人差し指を使用します。


■まずはダウンストロークからチャレンジ

ウクレレの弾き方として最も簡単で、ポピュラーな方法「ダウンストローク」からチャレンジしましょう。

まず、右手の力を抜くと、手のひらに卵を置けるスペースができると思います。

とにかく力を入れ過ぎないことがウクレレの弾き方においての重要なポイントです。

初心者は特に力が入ってしまうので、気をつけましょう。

さきほどの力を抜いた状態のまま、親指を少し立てます。

それを4弦(楽器を構えた時に、顔に一番近い弦)からひざに向かって振り下ろします。

左手はまだ何もおさえなくて構いません。

ポロリンと鳴ったでしょうか?初心者でも簡単に鳴らせる弾き方なので、まずはゆっくりジャン・ジャン・ジャン・ジャンと鳴らしてみましょう。


■次に、ダウンストロークとアップストロークの組み合わせ

親指オンリーのダウンストロークに慣れてきたら、次は上下の振り、ダウンストロークとアップストロークを組み合わせた弾き方を覚えていきましょう。

さきほどの親指ダウンストロークだけでも、ハワイアンの定番ソングや、癒し系のポップスナンバーであれば弾きこなせますが、テンポが速くなったり、複雑なリズムやストロークのパターンが出てくるとダウンストロークだけでは対応できなくなってきます。

早めに上下の組み合わせにも慣れていきましょう。

今回使うのは人差し指のみです。

前項で行った親指ストロークの時の構えから、少し人差し指をピンと伸ばし気味にして、親指と人差し指でL字型を作ります。

他の指(もちろん親指も)は脱力していてくださいね。

人差し指が弦にヒットする箇所は、人差し指の側面で、爪の丁度真横あたり。

爪の右側はダウンストロークの時に、爪の左側は帰ってくるとき、つまりアップストロークの時にヒットさせます。

さっそくダウンストロークにチャレンジしましょう。

先程の親指ストロークの時みたいに、4弦から1弦に向かって振り下ろします。

この時、人差し指の爪の側面・右側が当たっているようにしてください。

あまりピンと伸ばすと固い音になったり途中で引っかかったりします。

適度な力の調節をしてください。

そして、今度はアップストロークです。同じように、1弦から4弦に向かって振り上げます。

今度は人差し指の爪の側面・左側がヒットしている状態です。

この時気をつけたいのは、どちらのストロークの時も手首から先の手全体が回転していることが大事です。

コツは、手首を中心に、手の先がグルグル回る感じ。

丁度、手の先がドリルになった気持ちで弾きましょう。

肘も動かすのですが、手首の回転も一緒に使って、力を使うことなくフニャフニャと振ることが大切です。


■親指と人差し指ストロークの使い分け

この2つの指の使い分けは、親指の場合はスローな曲で音色をやさしく奏でたい時、人差し指の場合はテンポの速い曲であったり、歯切れの良い音を奏でたい時に使います。

それぞれのストロークをしっかり練習してマスターしましょう!